月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_基礎用語

光合成細菌(こうごうせいさいきん)

湛水状態で有機物が多く、明るいところを好む嫌気性菌。べん毛で水中を活発に泳ぎまわり、土にも潜る。田んぼやドブくさいところに非常に多く、イネの根腐れを起こす硫化水素や悪臭のもとになるメルカプタンなど、作物に有害な物質をエサに高等植物なみの光合成を行なう(酸素は出さない)異色の細菌。一説によると、地球が硫化水素などに覆われていた数十億年前に光合成細菌やシアノバクテリア(酸素を出す)が現われ、現在の地球環境のもとをつくったそうだ。

環境を浄化する働きとともに、空中チッソを固定し、プロリンなどのアミノ酸や核酸のウラシル・シトシンをつくるため、作物に施用すると味をよくしたり土を肥沃にしたりする。赤い色が特徴だが、その元であるカロチン色素によって果実のツヤや着色をよくする効果もある。菌体にはタンパク質やビタミンも豊富で、家畜や魚のエサにすると、成育が早まったり、産卵率が上がったりする。

酵母菌やバチルス菌などの好気性菌と共生すると、相互に働きが活性化されるという作用があるのがおもしろい。ダイズの根につく根粒菌も光合成細菌と共生すると、活性が長く維持される。

光合成細菌は買うと高価な資材だが、土着の光合成細菌を採取して簡単に殖やせる。より安価で確実に殖やすためエサの農家の工夫がバラエティに富んでいる。海藻肥料や煮干し、粉ミルクを使う方法まで登場した。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:光合成細菌

同一ジャンルの用語 「土と肥料_基礎用語