月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集

機械・道具

メンテ術(めんてじゅつ)

「農機の修理は機械屋の仕事、でも故障の予防は農家の仕事」と考え、自分でできる簡単なメンテナンスをしっかりやって農機の故障を防ぐこと。じつは経営改善の一番の近道でもある。サトちゃんこと福島県の佐藤次幸さんの経営哲学。
農機は忙しいときほど壊れがち。現場に機械屋を呼び出すと、通常の工賃に加え........

低燃費・高速耕耘法(ていねんぴ・こうそくこううんほう)

田んぼや畑を耕すとき、たいていはトラクタの最高出力(馬力)は必要ない。そこでエンジン回転数を最高出力の出る定格回転数(二五〇〇回転程度)より二〜三割落とし、それでも余る力を車速を上げることに使って低燃費と高速耕耘を同時に実現する効率のいい耕し方。サトちゃんが提唱した。
たとえばエンジン........

トラクタ(とらくた)

田んぼでも畑でも大活躍。さまざまな作業機(アタッチメント)を取り付けて使う、農家にもっとも身近な農業機械。作業機としてはまず、エンジンの動力を伝えるPTOを通じて駆動させるものがいろいろある。耕耘や代かき作業に使うロータリ、ドライブハローはその代表。ブロードキャスタを取り付ければ肥料散布、マニュア........

管理機(かんりき)

アタッチメントの付け替えで、耕耘・整地・ウネ立て・培土・マルチ張りなどさまざまな作業に使える歩行型の耕耘機。直売所向けに多品目の野菜をつくる畑や家庭菜園など、全面耕起はあまりせず一部分を耕すことが多い畑に最適の機械。また、野菜専業農家がウネ立てや土寄せに使ったり、田んぼに明渠を掘ったりと、鍬代わり........

軽トラ(けいとら)

「軽トラック」の略称で、名前のとおり軽自動車の規格に合わせて作られたトラック。最大積載量は三五〇�。メーカーによって前輪やエンジンの位置などに違いがあり、農家によって好みが分かれる。前輪が運転席の真下にあるタイプは「フルキャブ」と呼ばれ、前輪と後輪の間隔(ホイールベース)が短いために、狭いアゼ道の角........

竹パウダー製造機(たけぱうだーせいぞうき)

竹を繊維状に細かく粉砕し肥料などに利用するためには、以前は高価な植繊機や竹粉砕機が使われてきたが、手作りの竹パウダー製造機が考案されたことで、農家の竹利用は飛躍的に伸びた。要となる粉砕部は、刈り払い機などに使われるチップソーを十数枚以上重ね合わせて実現。このアイデアがすばらしい。動力はエンジンでも........

穴あきホー(あなあきほー)

長い柄の先についた刃が輪になっている除草道具(ホー)。刃は薄く、平刃が一般的だが、ノコ刃のものもある。雑草の根際から土の表層を薄くスライスするように削るので、土を動かすことなく、力があまりいらない。土ごと掘り起こす中耕だと雑草がふたたび活着することがあるが、根と地上部を確実に分断する穴あきホーなら........

カルチ(かるち)

北海道の畑作地帯で進化を遂げてきた中耕除草器で、従来の機械除草では難しいといわれていた株元ギリギリや株間まで確実に除草できる。道内で飛躍的に普及したあと、全国にも広がっている。
一般的にはトラクタや管理機に装着して使うが、PTО(動力)は使わない。弾力のある細いタイン(針金)や回転式の........

サブソイラ(さぶいそら)

水田の作土の下にあるすき床層(心土)や、大型トラクタの重みでできた畑の硬い層(硬盤)を破砕し、水みちをつけて排水をよくする機械。トラクタに装着し牽引する。効果を高めるために羽根を付けたものや、低馬力のトラクタで牽引可能なものなどいろんなタイプがある。
サブソイラに心土を持ち上げるプラウ........

ハンマーナイフモア(フレールモア)(はんまーないふもあ(ふれーるもあ))

緑肥作物や前作の残渣を細かく粉砕する機械。スイートコーンの太い茎も、畑一面に残ったカボチャのツルも、高速回転する刃で粉砕。フレールモアはトラクタに装着するもので、立ったままのタバコやピーマンなどをなぎ倒しながら、残渣を細かく切断することができる。収穫残渣は宝物。うまく畑に返してやれば微生物のエサとな........

ドライブハロー(どらいぶはろー)

本来は水田の代かき用の作業機。ロータリより砕土能力が高く、ロータリの代わりにこれを使って半不耕起栽培を行なう農家もいる。秋や春に米ヌカやボカシ肥を散布したら、稲株をひっかく程度に耕深を三〜五�とごく浅くし、表面の有機物を表層の土とまぶしていく。代かきもドライブハローでごく浅く。表面・表層施用によっ........

バックホー(ばっくほー)

ユンボ、パワーショベルなどの名称でも呼ばれる重機。クローラ(キャタピラ)で走行、アームの先端に付いたバケットを油圧で動かして、土を掘ったり運んだりする作業が自在にできる。バケットの形状には作業に応じていくつかのタイプがあるほか、ハサミ型のアタッチメント(グラップル)を取り付けて木材の運搬などもでき........

高所作業車(こうしょさぎょうしゃ)

リンゴなどの高木の果樹の手入れや収穫に便利な機械。クローラ(キャタピラ)式の本体に支えられたゴンドラに乗って作業するタイプが一般的。ゴンドラは上下・左右に動き、三六〇度旋回するものもある。秋田県のリンゴ農家・佐々木厳一さんは、とにかく年間を通じてすべての作業能率が大幅に向上したという。収穫作業だけ........

薪暖房機(まきだんぼうき)

安い間伐材やタダで手に入る建築廃材、庭木のせん定枝を燃料にできるため、A重油の値上がりにつれて施設栽培の暖房機として注目を集めている。
薪暖房機は市販品もあるが自作する農家も多い。北海道七飯町のカーネーション産地では、一万円ほどで手作りできるドラム缶ストーブが流行している。吸気ファンや........

循環扇(じゅんかんせん)

ハウス内の止まった空気をちょっと動かしてやるだけで、劇的な変化が起こる。今やハウス農家にとって必須の資材になりつつあるのがこの「循環扇」。記事によっては、換気扇や扇風機を循環扇として扱っている事例もある。効果はおもに次の六つ。㈰暑い時期に使うと作物の体感温度が下がり生育が順調になる、㈪暖房機とセッ........

ひねり雨どい噴口(ひねりあまどいふんこう)

動散に付ける噴口で、雨どいにひねりを加えたもの。市販の噴口で肥料をまくと、飛距離はせいぜい一五m程度だが、これを使うと二〇m以上届く。短辺が四〇mあるような大きな田んぼでも、アゼを歩くだけで肥料散布が可能となる。
作り方は簡単。雨どいを長さ一・八mに切断し、一方の端から四〇~六〇cmの部分を........