月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_基礎用語

キレート化・錯体(きれーとか・さくたい)

吸収されにくい養分を吸収しやすくする仕組みの説明によく使われる。キレートとは、ギリシャ語で「カニのハサミ」という意味で、吸収されにくい養分をアミノ酸有機酸によってカニバサミのようにはさみ込んで、吸収されやすい形に変えたり、反対に有害物質を無害化したりする。作物が根酸を分泌して周囲にあるミネラルをキレート化して利用しやすくするのはその典型である。

錯体とは、金属を有機物が包み込んだ状態で、吸収されやすい一つの物質のように振る舞う化合物をさす。光合成を司る葉緑素(クロロフィル)は苦土を包み込んだ錯体だし、血液中のヘモグロビンは鉄を包み込んだ錯体である。

土ごと発酵は、土中の有機酸アミノ酸を豊富にし、キレート錯体化によって、ミネラルを作物が吸収しやすい形に変えていると考えられる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:キレート化・錯体

同一ジャンルの用語 「土と肥料_基礎用語