月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_基礎用語

放線菌(ほうせんきん)

細菌、糸状菌と並ぶ三大微生物の一つ。抗生物質を出して糸状菌の菌糸を溶かしたり、伸びるのを抑えたりなど、その抗菌作用が注目される。リンゴのモンパ病やイネのイモチ病をも抑制する。また、家畜糞の悪臭のもとである低級脂肪酸の分解酵素をもつので悪臭を消し去り、しかもハエの卵も食べる。だから放線菌堆肥は悪臭がない。

キチン質を好むため、キチン質を含むネコブセンチュウの卵を食べてしまう。フザリウム菌やピシウム菌などの土壌病原菌の細胞壁はキチン質でできており、土の中に放線菌が多ければ、発病が抑えられる。カニガラはキチン質の宝庫で、これを素材に放線菌が豊富なボカシ肥ができる。昆虫もキチン質でできており、放線菌はその死骸を好む。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:放線菌

同一ジャンルの用語 「土と肥料_基礎用語