月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_基礎用語

根粒菌(こんりゅうきん)

マメ科植物の根に根粒をつくり、大気中から取り込んだチッソをアンモニア態チッソに変換(空中チッソの固定)、マメ科植物に供給する土壌微生物。根粒内にはマメ科植物から光合成産物が供給され、根粒菌とマメ科植物は共生関係にある。

土壌中にチッソ肥料が多いと、根粒菌の働きは低下する。マメ科植物が、土壌中のチッソ肥料の量に合わせて根粒菌の働きをコントロールするらしい。また、根粒菌がチッソ固定するためには、好気的な呼吸でエネルギーを得る必要があるので通気性が重要になる。

ただしマメ科の中でもセスバニアは、根粒のほかに「茎粒」をつくり過湿状態に強い。茎粒のなかにも根粒菌がすみついているので、根が水に浸かってもチッソ固定ができるからだ。茎でチッソ固定が行なわれるために、土壌中にチッソ肥料が多くてもチッソ固定能力が低下しにくいという特徴もある。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:根粒菌

同一ジャンルの用語 「土と肥料_基礎用語