月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_基礎用語

根酸(こんさん)

作物の根が分泌する有機酸のことを根酸という。植物は、根から分泌した有機酸によって有害な物質を無毒化するだけでなく、必要とする元素の取り込みにも役だてている。

根を守る例をあげると、茶は根が分泌する有機酸によって有害なアルミニウムの動きを封じ込めているし、ソバは有機酸の一種であるシュウ酸を分泌してアルミニウムによる酸性害を軽減している。

養分吸収促進の例では、アルカリ性の土壌に育つヒヨコマメは根からクエン酸を分泌して根の周りを酸性化し、アルカリ性では溶けにくい鉄を吸収しやすくしている。イネやムギで有名な根酸がムギネ酸で、鉄不足になりそうなときには大量のムギネ酸をつくりだして、キレート化によって根の周りの不溶性の鉄を溶かし、鉄欠乏から身を守る。

苦土の吸収は根酸(クエン酸)の分泌を大幅に増やすという興味深い研究もある。なお、肥料などの「く溶性」という表示は、こうした根酸によって溶け出してくる養分を想定したものである。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:根酸

同一ジャンルの用語 「土と肥料_基礎用語