月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_基礎用語

ケイ酸(けいさん)

ケイ酸は長年、イネの土壌改良資材「ケイカル」のイメージが強かったが、最近はウドンコ病やイモチ病などの抑制効果やイネの光合成を高めて登熟をよくする効果など、積極的な活用が注目を集めている。「ケイカル浸み出し液」は農家が開発したウドンコ病対策だし、ケイ酸の積極施肥でイネ一tどりを達成した須坂園芸高校のことは、誌面上でも大きな話題となった。

シリカゲル肥料などの新しいケイ酸肥料も製品化されているが、モミガラや竹など身近な素材にもケイ酸はたくさん含まれており、竹パウダーモミガラくん炭発酵モミガラ堆肥などの施用に手応えを感じている人も多い。さらには、米ヌカを散布して土ごと発酵させ、微生物の力で土の中の鉱物からケイ酸を溶かしだすことをねらう人も出てきた。

話題の「スギナ汁」のスギナも、ケイ酸のかたまりみたいな植物である。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:ケイ酸

同一ジャンルの用語 「土と肥料_基礎用語