月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_基礎用語

好気性菌・嫌気性菌(こうきせいきん・けんきせいきん)

好気性菌は、酸素呼吸しながら有機物を分解するタイプの菌で、酸素がないと生育できない。反対に酸素がなくても生きていける菌を嫌気性菌という。有機物発酵にかかわる好気性菌の代表はこうじ菌納豆菌。さらに酢酸菌も好気性菌。

一方、嫌気性菌には、酸素があると生育できない絶対的嫌気性菌と、酸素があっても好気性菌なみに生育する条件的嫌気性菌がいる。ボカシ肥で活躍する乳酸菌酵母菌は条件的嫌気性菌。腐敗したサイレージにすむ酪酸菌は絶対的嫌気性菌。湛水状態の水田にいる菌の大部分が好気・嫌気の両刀使いの条件的嫌気性菌で、水の駆け引きのある水田向きだ。畑では、表層は好気性菌が多いが、下層は嫌気性菌が主になる。

良質のボカシ肥や堆肥づくりでは、好気性菌と嫌気性菌の連携プレーが重要で、こうじ菌と納豆菌などの好気性菌が活躍しつくられた糖などをエサに、条件的嫌気性菌である乳酸菌や酵母菌が活躍し、アミノ酸などが豊富なボカシ肥や堆肥ができる。

空気が少なく好気性菌が働かない状態では有機物は悪臭を放って腐敗するが、ラクトバチルスなどの微生物資材を活用すれば、嫌気的な条件でも乳酸菌を優先させて腐敗を防ぐ堆肥やボカシ肥ができる。このほうが有機物のもつ成分をムダにしないという見方もある。ただしこの場合も完全な嫌気状態ではなく、好気性菌は働いている。また、嫌気状態で発生する硫化水素などの有害物質をエサに光合成細菌がふえるという具合に、腐敗の結果つくられた成分も微生物は無害化したり有用なものに変えてくれる。

地球ができて酸素がない条件に生きた嫌気性菌は有害物質を浄化し、酸素や各種の有機成分を合成し、生命進化の土台をつくった。酸素が豊富になり植物が繁栄するなかで、好気性菌は有機物の分解者の役目を担い、こうして地球の有機物循環は保たれている。

主に分解型の好気性菌と、主に浄化型、合成型の嫌気性菌を、どう組み合わせ、リードするかが、農家の発酵技術の腕のみせどころである。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:好気性菌・嫌気性菌

同一ジャンルの用語 「土と肥料_基礎用語