月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 防除

光防除(ひかりぼうじょ)

光の波長は色として表われるが、特定の波長(色)の光を照射したりカットしたりすることで、害虫を忌避もしくは誘殺、また、病気に対する作物の抵抗力を引き出すことができる。

光で害虫を忌避・誘殺するのは、いわば虫をだます方法。たとえば黄色の防蛾灯は、オオタバコガなどの夜行性のガに昼と思わせて交尾・産卵をさせない。誘虫灯は、虫が好む青色光でおびき寄せて捕殺する。一方、紫外線カットフィルムは、紫外線を感じることでうまく飛べる害虫の性質を利用した防除法で、自然光から紫外線をカットすることでハウス内での動きを鈍くすることができる。

病気に対する光防除は病害抵抗性誘導による効果。「タフナレイ」(パナソニック)は、イチゴのウドンコ病を抑制、緑色蛍光灯「みどりきくぞう」(四国総合研究所)はキュウリ・イチゴの炭そ病、トマト・キュウリの灰色カビ病を抑制する。また、愛知県の長坂正己さんは、家庭用の青色LEDのイルミネーションをイチゴに照射し、灰色カビ病やウドンコ病を抑えているが、これも同様の効果だろうか。

光防除では、消費電力が安く寿命が長いLEDの活用が今後期待される。少ない電力で発光できるため、小型の太陽光パネルと黄色LEDを組み合わせて防蛾灯に活用する例も出てきた。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:光防除

同一ジャンルの用語 「防除