月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 防除

ストチュウ(すとちゅう)

酢、焼酎、糖を混ぜて発酵させたもの。水で薄めて葉面散布すると、酢による酢防除効果や焼酎による殺菌・消毒効果に加え、糖分により葉の光沢が増すなど、病気に対する抵抗力が高まる。材料はいずれも人が飲めるもので、安全そのもの。使用する農家のなかには、毎日おちょこ一杯程度を健康飲料として飲んでいる人もいる。

殺菌剤や殺虫剤に混ぜ合わせることもできるので、不安な場合は、殺菌剤と同時散布するのも手。対照区を設けて実験し、自信がつけばその殺菌剤を抜けばよい。

また、EM菌、光合成細菌などの微生物資材のほか、トウガラシ汁やニンニク汁など、いろいろな資材を混ぜ込むことで、自分の畑に合わせた工夫ができるのも魅力。農薬を使う・使わないというのではなく、そもそも発病させない作物づくりのための自然農薬といえる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:ストチュウ

同一ジャンルの用語 「防除