月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_自給肥料・自給資材

天恵緑汁(てんけいりょくじゅう)

ヨモギやクズなどを黒砂糖と混ぜて容器に入れておくと、一週間ほどで発酵液(菌液)ができる。一滴も水を入れなくとも、黒砂糖の浸透圧で植物エキスが抽出されるとともに、酵母菌乳酸菌の働きで発酵する。発酵が加わることで、単なる抽出液以上の効果が期待できる。

この天恵緑汁は韓国の趙漢珪さんが、土着菌とともに日本で広めた。天(自然)から恵まれた緑(植物)の汁、として命名。水で薄めて、葉面散布や土壌かん注すると、作物や土に活力を注ぎ込む。

素材にする植物は、季節に応じてその時期に一番勢いのあるものを、朝一番に採る。なるほどそんな素材で作った天恵緑汁は栄養生長を盛んにし、葉が厚くなったり生命力をアップさせる。いっぽう、アケビの実やイチゴなどの果実を黒砂糖と混ぜ合わせてつくる「果実酵素」もあり、こちらは実を大きくしたり登熟をよくしたりと、生殖生長を助ける効果がある。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:天恵緑汁

同一ジャンルの用語 「土と肥料_自給肥料・自給資材