月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_化学肥料・ミネラル

黒砂糖(くろざとう)

精製されていない黒い砂糖。未精製の分、ミネラルも豊富。神奈川県の早藤巌さんが提唱した「黒砂糖・酢農法」は、黒砂糖をバイエム酵素で発酵させて米酢とともに葉果面散布する方法で、作物の活力を高め、病害虫防除効果も高い。

植物エキスを抽出することもでき、天恵緑汁に利用される。焼酎や酢でも植物エキスを抽出できるが、黒砂糖を使うと発酵を促し微生物の代謝物をも引き出す効果が期待できる。

えひめAI乳酸菌液手づくり酵素液などをつくるときは、黒砂糖でももちろんいいが、価格が高いので、白砂糖や三温糖を使う人たちも多い。黒砂糖だと、できあがりの色が茶色くなってしまうのも気になるところ。

ちなみに、農業用にさらに価格が安いものを選ぶとしたら、畜産用などで流通している廃糖蜜がある。黒砂糖から白砂糖などを精製していく過程で出る副産物なので、これこそミネラルたっぷり。微生物は喜んで殖えるので、土壌還元消毒用などにも引っ張りだこだ。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:黒砂糖

同一ジャンルの用語 「土と肥料_化学肥料・ミネラル