月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_自給肥料・自給資材

モミガラくん炭(もみがらくんたん)

モミガラを炭にやいたもの。モミガラ同様、いろいろに使える農家の基本資材。保水性・通気性の確保に役立ち、微生物の棲みかとなって、土の微生物相を豊かにする。ケイ酸分などのミネラルが豊富で、作物の耐病性を高める効果もある。くん炭を毎年入れてきた田んぼでは、イネの葉先を握るとバリバリと感じるほど丈夫になるという。

イネや野菜の育苗培土によく使われ、くん炭を覆土したレタス苗は生育が明らかに促進されるという研究もある。炭に光が当たると微生物が交信しあって殖えることも明らかになっており、くん炭覆土の下で肥料を分解する微生物が活発化したのでは?とも考えられている。また、くん炭を使った培土は軽くて、苗の移動・運搬がラクになるのも魅力だ(くん炭育苗)。

くん炭のやきかたでは、宮城県・白石吉子さんの保米缶を使った簡単な方法が話題となった。倉庫に眠っている保米缶を活用してどんどんやき、消火の際は軽く水をかけたらビニール被覆して酸素を遮断。サラサラで粒ぞろいのよい美しいくん炭ができる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:モミガラくん炭

同一ジャンルの用語 「土と肥料_自給肥料・自給資材