月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 野菜・花

若苗(わかなえ)

育苗日数の短い苗を若苗という。若苗ほど根の活力が高いので、養水分の吸収力が高く、生育後半まで草勢が強く多収しやすい。反面、暴走し、トマトなどでは異常茎が出やすく、花しぼりが大きくなるなどの欠点がある。大苗は落ち着いた生育をし、花芽も着果も安定するが、根は若苗に比べておとなしい。老化苗は、育苗容器の大きさに対して育苗日数が長すぎ、根巻きをおこした状態なので、定植後の健全生育は望めない。

セル苗は、ポット苗よりかなり小さい容器で育苗されるので、そのまま植えるとかなりの若苗定植になる。トマトなど果菜類では、暴走して栄養生長型になりやすいので、セル苗をポットに移植してある程度の大苗に育てて(二次育苗)定植する方法が一般的である。これに対し、定植後の節水など管理で暴走を抑え、セル苗の活力を上手に生かす、直接定植の技術も志向されている。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:若苗

同一ジャンルの用語 「野菜・花