月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 野菜・花

サラダセット(さらだせっと)

サラダに使う野菜数種類をセットで一袋に入れ、直売所やレストランに販売する野菜の新しい売り方。袋を開けたらすぐに食べられる手軽さ、農家だからこそ可能な豊富な種類、農家一人一人が考えたオリジナルの組み合わせで生まれる味で、お客さんを虜にできる。

秋田県の古谷せつさんの場合は、メインにボリュームがあってクセの少ないサニーレタスやリーフレタス。そこに少し苦みのあるチコリ、ピリッと辛みのあるカラシナやタカナ、パリパリとした食感のエンダイブ、ゴマの風味のルッコラなどアクセントになる野菜を組み合わせる。また同じサニーレタスやチコリでも、葉が緑の品種と赤い品種の両方を入れるなど、彩りも豊かにして見た目にもおいしそうにするのが売り上げアップのコツだそうだ。

またサラダセットに使う葉物野菜は、一口サイズのベビーリーフ。大きくなってきた葉から順々に摘む「葉かき収穫」なので、一株丸ごと収穫するのに比べて切れ目なく長期間収穫・出荷できるのも強み。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:サラダセット

同一ジャンルの用語 「野菜・花