月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 野菜・花

根上がり育苗(ねあがりいくびょう)

根が土の上にのぞくように、セル苗などをポットの床土の上に乗せる程度に浅く仮植する。ポットにかん水するたびに、上に飛び出した部分の土が流れ、根が洗われ出てくる。山形県村山市のスイカ農家、門脇栄悦さんが考えだした方法。

ねらいは、不定根を出させず、種子根である直根をなるべく深く土の中へ入れること。不定根とは、本来根の出る茎元からでなく、土に埋まった茎の部分のどこからでも出る根のこと。「不定根が多いと定植しても活着がよく初期生育も旺盛だが、上根型生育になりやすく途中で病気や天気に負けやすい」というのが門脇さんの見方。不定根を出させず、浅根植物といわれるスイカ・メロンなどのウリ類の根を深く張らせることができるのが、根上がり育苗の醍醐味といえる。同様の理屈で、本圃に浅植えすることを「根上がり定植」ともよぶ。

門脇さんは茎と根の境目を「命根」と呼び、人間でいう脳の働きをすると見る。「この部分が地上部に出ている作物は元気」とのことで、これとまったく同じ理屈で病気に強くする方法が根洗いである。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:根上がり育苗

同一ジャンルの用語 「野菜・花