月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 野菜・花

露点温度(ろてんおんど)

気体中の水分が飽和に達して結露する温度、つまり、湿度一〇〇%の時の温度をさす。ベト病、灰色カビ病やススカビ病などの病原菌は、作物に付着した露を媒介に侵入するため、ハウス内の結露状態が長いほど発病しやすくなる。だが、露点温度を知り、結露をコントロールすれば病気も防げる。

宮崎県都城市のバラ農家・矢野正美さんは、露点温度算出表という露点温度が一目でわかる表をハウス内にぶら下げ、もっとも結露しやすい初秋から初冬、また春先にはつねにチェック。露点温度と暖房のセット温度が近くて結露しやすいときには、天窓を少し開けたまま暖房したりして結露を防ぎ、ベト病や灰色カビ病を激減させている。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:露点温度

同一ジャンルの用語 「野菜・花