月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > イナ作・水田活用_栽培体系

実肥(みごえ)

出穂前後から穂揃い期(出穂一〇日後くらい)辺りまでに施す追肥のこと。出穂後のチッソ不足は、光合成能力の低下や稲体の老化を招く。その結果、登熟歩合や千粒重の低下、倒伏、イモチ病の発生を助長する。ただ近年は、実肥を施すと玄米のチッソ含量(タンパク含量)が増えて食味が悪くなるといわれ、敬遠される。実際には食味はチッソ含量だけでは決まらないし、かえって肥料不足で粒張りが悪くなったり、白未熟粒や茶米になって食味が低下することも多い。

根腐れ気味のときや穂数過剰で受光態勢が悪い場合は、実肥をやるとチッソを同化しきれず明らかに食味が悪くなるが、疎植・元肥減肥で茎数をじっくり確保した場合や出穂後の天候がいいときなどは、実肥の効果が高い。新潟県の大場睦郎さんは、どんな年でも一等米を多収する篤農家だが、とくに猛暑の年には積極的に実肥をやっている。

また実肥はリン酸の多い肥料の効果が高いといわれている。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:実肥

同一ジャンルの用語 「イナ作・水田活用_栽培体系