月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > イナ作・水田活用_栽培体系

チェーン除草(ちぇーんじょそう)

田植え直後の苗の上からチェーンを引っ張ることで、条間・株間を問わず田んぼ全体の表土をかき混ぜて除草する技術。普通の除草機では入れないほど早い時期(田植え三日後から一週間後)から始められるので、雑草が根を張る前に退治することができる。自然栽培の第一人者・青森県の木村秋則さんの提案をヒントに、宮城県の長沼太一さんらが実用化した。

当初は人力や田植え機でチェーンを引っ張るタイプの除草機が記事で紹介されたが、その後、チェーンを塩ビパイプにつけることで水に浮かせ、軽く引っ張れるようにしたり、田の中に入らずとも畦畔を歩くだけで引っ張れるよう工夫したり、チェーンの代わりに竹ぼうきやハウスのビニペットスプリングを使う方法など、より手軽で、かつ除草効果の高い方法を全国各地の農家が同時多発的に考案。進化を続けている。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:チェーン除草

同一ジャンルの用語 「イナ作・水田活用_栽培体系