月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > イナ作・水田活用_栽培体系

茎肥(くきごえ)

出穂四五〜四〇日前に施す追肥のこと。肥効ムラをなくす「つなぎ肥」とよばれることもあるが、この時期の追肥は本来もっと積極的な意味を持つ。三六〜五〇株/坪の疎植にし、元肥を減肥して初期茎数をゆっくりとり、このころに目標茎数の三〜五割を確保する稲作(井原豊さんの「への字稲作」、稲葉光國さんの「太茎大穂のイネつくり」、薄井勝利さんの「疎植水中栽培」など)では、茎肥が茎を太くし、あきらかに穂を大きくする。イネの肥料吸収がグンと旺盛になるこの時期の追肥は、無効分けつを少なくし、効率的な光合成態勢、活力ある根群や茎葉をつくるうえで理にかなっている。

一般に行なわれているV字型稲作では、このころまでに目標茎数は確保されるので、茎肥は施せない。逆に穂肥まではチッソ肥効を切れ気味にもっていき、中干しして葉色を落とし、無効分けつを発生防止して下位節間の伸長抑制を図ることが鉄則となる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:茎肥

同一ジャンルの用語 「イナ作・水田活用_栽培体系