月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > イナ作・水田活用_栽培体系

二回代かき(にかいしろかき)

田んぼの雑草発生を減らすための代かきの仕方。ポイントは、一回目の代かき(荒代かき)後、水を張ったまま一〇日以上おくこと。水温を上げて雑草(とくにコナギ)をできるだけ発芽させる。出てきた草を二回目の代かき(植え代かき)で浮かせる、もしくは練り込む。

この二回目のときに、多めの水で代をかくと、雑草が浮くと同時に土の粒子も浮く。重たい粒子や未発芽の雑草のタネがまず沈み、あとから細かい土の粒子が沈むので、表面にはトロトロ層が物理的にできてフタをしたような状態になる。直後に田植えすれば、しばらくは雑草が生えてこないので、その間にイネを大きくすることができる。

これは除草剤を使わないイネつくりの基本技術。二回代かきをやったうえで、米ヌカ除草チェーン除草など、ほかの雑草対策と組み合わせる人が多い。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:二回代かき

同一ジャンルの用語 「イナ作・水田活用_栽培体系