月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > イナ作・水田活用_栽培体系

溝切り(みぞきり)

田面に凸凹があると、落水しても窪んだところは水がたまり根腐れしやすい。そこで、中干し前の出穂四〇日前ころに、四〜一〇条おきに、深さ一〇〜一五cm、幅約二〇cmの溝を切り、枕地もぐるりと切って各溝を排水口に繋げておく。排水だけなら一〇条おきくらいでよいが、溝に水をためて飽水管理をするには四〜六条おきでないと浸透しにくい。動力溝切り機なら能率的だが、ブロックや舟形の角材を引っ張る方法でもよい。

溝切りをすると用水の少ない場所でも均一かつスムーズに入排水ができ、遅くまで入水しておけるので登熟もよくなる。上方の田んぼのアゼ際は上の田から水が浸透して乾きにくいので、とくに深い溝を切って排水溝につなげておくとよい。溝はメダカやオタマジャクシ、ヤゴ、ドジョウなど、田んぼの生きものの中干し期の避難場所ともなる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:溝切り

同一ジャンルの用語 「イナ作・水田活用_栽培体系