月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > イナ作・水田活用_栽培体系

ダイズの摘心栽培(だいずのてきしんさいばい)

ダイズの生長点を摘むことで分枝を増やし、多収する栽培方法。着莢数が増えるとともに茎が太くなって倒伏しにくくなり、収穫ロスも減らすことができる。

摘心のやり方やタイミングはさまざま。自家用のダイズやエダマメでは、本葉四〜五枚出たころにハサミや手で生長点を摘む方法が広く知られている。いっぽう大面積の転作ダイズでは、やや遅めだが開花期頃までにコンバインの刈り刃や茶刈り機を改造した摘心機で摘む農家もいる。

千葉県の故・岩澤信夫さんは、初生葉の摘心(子葉のすぐ上で摘心)と断根挿し木、多肥を組み合わせた「ダイズの超多収栽培」を実践。早めに摘心することで主茎が二本立ち、着花数が倍増。ダイズが肥料を求める開花期に大量のチッソを追肥するが、このやり方だとツルボケせず、花が確実に莢になって超多収を実現できる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:ダイズの摘心栽培

同一ジャンルの用語 「イナ作・水田活用_栽培体系