月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 基本の用語

土ごと発酵(つちごとはっこう)

たとえば残渣や緑肥などの未熟な有機物を土の表面におき、米ヌカをふって浅く土と混ぜてみると、それだけのことで、土はいつの間にか団粒化が進み、畑の排水がよくなっていく。田んぼでも、米ヌカ除草しただけなのに、表面からトロトロ層が形成されていく。――これは、表層施用した有機物が微生物によって分解されただけではない。その過程で微生物群が土にも潜り込みながら、土の中のミネラルなどをエサに大繁殖した結果。人がほとんど労力をかけなくても、自然に土は耕され、微生物の作り出したアミノ酸酵素・ビタミン、より効きやすいミネラルたっぷりの豊潤な田畑に変わる。このことを「土ごと発酵」とよぶ。

「土をよくするには一生懸命堆肥をつくり、苦労して運び込んで入れる」というかつての常識を打破。「土ごと発酵」は、外で発酵させたものを持ちこむのではなく、作物残渣や緑肥などその場にある有機物を中心に使う「現地発酵方式」なので、ラクで簡単、低コスト。有機物のエネルギーロスも少ない。超小力で究極の方法とも思える。

土ごと発酵を成功させるポイントは、(1)有機物は深くすき込まない。表層の土と浅く混ぜる程度か、表面に置いて有機物マルチとする。酸化的条件におくことが大事。 (2)起爆剤には米ヌカが、パワーアップのためには自然塩海水などの海のミネラルがあるとよさそう。どちらも微生物を急激に元気にする。

この他、より効果を上げるには、土の水分条件(二週間は雨に当てない他)、施用する有機物のC/N比の条件などが重要と考えられている。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:土ごと発酵

同一ジャンルの用語 「基本の用語