月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_化学肥料・ミネラル

カキ殻(かきがら)

カキの殻。ふつうはこれを粉砕して肥料にする。消石灰の原料である石灰岩と比較すると、主成分の炭酸カルシウムは四七%で約七%少ないが、石灰岩にはほとんどないチッソ、リン酸カリマグネシウムが含まれ、マンガン、ホウ素、亜鉛などの微量要素も石灰岩に比べて非常に多く含んでいる。すなわち海のミネラル力をもった石灰質肥料であり、さらに二%程度ではあるが有機物も含まれている。

新潟県新穂村のトキ環境稲作研究グループでは、カキ殻満杯のドラム缶をとおした水を田んぼに入れ、良食味米の生産に活かしている。

一〇〇〇度以上の高温で焼成したものは酸化カルシウムの形となり、水への溶解度が上がる。焼成貝殻として販売されており、石灰防除石灰追肥に使う人も多い。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:カキ殻

同一ジャンルの用語 「土と肥料_化学肥料・ミネラル