月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_化学肥料・ミネラル

カニガラ(かにがら)

カニの殻。粉砕して肥料にする。チッソやリン酸とともに、カルシウムマグネシウムほかの海のミネラルも豊富だが、さらに特徴的なのはキチン質を豊富に含むこと。

カニガラはキチン質を好む放線菌の急速な繁殖を促し、その放線菌はキチナーゼという酵素を分泌して、キチン質でできている病原菌の表皮細胞壁を分解する。こうしてフザリウム病などの土壌病害を抑制し、イチゴのイオウ病、キュウリなどウリ類のツル割れ病、ダイコンのイオウ病、トマトの萎ちょう病などで成果があがっている。米ヌカなどと混ぜて発酵させれば放線菌の多いボカシができる。

ちなみに、エビガラも同様の効果が期待できる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:カニガラ

同一ジャンルの用語 「土と肥料_化学肥料・ミネラル