月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_化学肥料・ミネラル

貝化石(かいかせき)

古代の海生貝類などが隆起・陸地化に伴って化石化し、地中に堆積したもので、粉砕して肥料にする。主成分は炭酸カルシウムだが、苦土のほか有機物や微量要素が含まれており、カキ殻同様、海のミネラル力をそなえている。

イネでは食味向上効果が注目され、園地の通気性がよくなるというリンゴ農家もいる。牛糞堆肥などとの併用効果も高く、また、有機質肥料に混ぜて発酵させれば、効きやすい石灰とミネラルがリッチなボカシ肥ができる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:貝化石

同一ジャンルの用語 「土と肥料_化学肥料・ミネラル