月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_化学肥料・ミネラル

消石灰(しょうせっかい)

石灰石を加熱してつくられる生石灰に水を加えて製造する。水溶性というわけではないが、石灰質肥料のなかでは、比較的溶けやすいのが特徴。石灰石を粉砕してつくられる炭カル(炭酸石灰)よりも効きやすく、酸性を中和する土壌改良資材というよりは、カルシウムを補給する肥料としての価値が高い。石灰追肥に使う農家も多い。

施肥以外にも、根こぶ病対策に一時的に根回りを高pHにする植え穴処理、石灰ふりかけや上澄み液での石灰防除、牛舎の殺菌などにも使われている。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:消石灰

同一ジャンルの用語 「土と肥料_化学肥料・ミネラル