月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 土と肥料_化学肥料・ミネラル

ゼオライト(ぜおらいと)

主には保肥力の向上を目的に使用される土壌改良資材。小さな穴がスポンジ状にあいた天然鉱物で、沸石ともいわれる。この小さな穴が吸着力を持っており、その働きが、塩基置換容量(CEC)の増大、アンモニウムイオンおよび交換性塩基の流亡抑制、チッソ・リン酸カリの肥効促進、保水力の向上、放射性セシウムの吸着などの効果ももたらす。

ただし、一度に多く入れすぎると保肥力が上がりすぎてチッソが効きにくくなったり、乾燥しやすい土になったりする場合もあるので注意が必要だ。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:ゼオライト

同一ジャンルの用語 「土と肥料_化学肥料・ミネラル