記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年10月号 290ページ〜295ページ(ページ数:6)

タイトル

竹やぶの土着菌と茶クズのカテキンで、お茶に最高のボカシ肥料

執筆者・取材対象: 山崎定次

地 域: 静岡県掛川市



サンプル画像


見出し

●でたらめな施肥で、土壌がボロボロ、吸収根も傷む●有効微生物で生態系を整え、高品質茶多収●茶園には竹やぶの土着菌が一番●茶クズのカテキンで悪玉菌が増えない