月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 果樹・特産

新短梢栽培(しんたんしょうさいばい)

山梨県の小川孝郎氏が開発したブドウの小力栽培方法。従来の短梢せん定では、樹勢に応じてせん定量の加減ができない、新梢を棚下へ垂らすため作業性が劣る、新梢が損傷しやすく空間を補いにくい、誘引作業に手間と技術を要するなどの欠点があったが、新短梢栽培は、(1)樹の更新を一〇年とする、(2)密植で作業は単純・省力化する、(3)植え付け二年目から収穫を始め四年で成園化する、(4)草生栽培を行ない元肥は施さない、など早期成園化と作業の単純・小力化に特徴があり、高齢者や女性でも容易に取り組める栽培方法として普及している。

樹形は、副梢を主枝にして左右に伸ばした一文字型で、主枝から伸ばす新梢(結果枝)はすべて一〜一・二mで摘心して下垂させない、などの特徴がある。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:新短梢栽培

同一ジャンルの用語 「果樹・特産