月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 果樹・特産

自伐林家(じばつりんか)

おもに自分の持ち山で、伐採から搬出、出荷まで自力で行なう林家のこと。木材の価格が安い現在では、間伐を委託すると山の持ち主に利益はほとんど残らないわけだが、もし自分でやれるなら、コストがかからない分、そこそこの収入になるはずだ。

国は「森林・林業再生プラン」を策定して大規模集約林業を後押しし、森林組合や林業事業体をおもな担い手として位置づけた。小さいながらも自分の山を自分で管理する自伐林家の存在はほとんど見えていないようだ。だがNPO法人土佐の森・救援隊の中嶋健造さんらが高知県仁淀川町でとったアンケートによると、今は山をほったらかしにしているけれど、作業道や技術指導があれば自分で自分の山から材の搬出をしたいと意欲を持っている人が意外に多いことがわかった。

自伐林業は、最低限の機械として、木を切るチェンソー、玉切りした材を集めて林道まで運ぶ林内作業車(一五〇万円程度)、材を運ぶトラックがあればできる。農家林家なら、林内作業車ではなくもともと持っているトラクタで集材・運搬してもよい。地域行政の補助金などがあるとより取り組みやすいが、そうでなくても、建材には向かない木(C材)を薪にして販売するなどの工夫ができれば、「小さい経営」でやっていけそうだ。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:自伐林家

同一ジャンルの用語 「果樹・特産