月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 果樹・特産

ジョイント仕立て(じょいんとじたて)

神奈川県農業技術センターが開発した仕立てで、ナシの樹をとなりどうしでつなげて一本にしてしまうやり方。ナシの平棚栽培では、樹の若さを保つために主枝の先端を強く維持するという面倒な管理があるが、この仕立てなら主枝先端がなくなり、樹勢維持は樹が助け合いながら勝手にしてくれる。しかも、側枝は主枝の両側にムカデの足状に規則正しく並ぶので、作業性もすこぶるいい。二年生苗で密植すれば五年目には三tとれるという「早期成園化」が売りとあって、現在多くのナシ農家がこの仕立てに取り組む。

「つなぐと樹どうしが助け合ってくれる」という発想は多くの農家の心をとらえ、現在、ウメやリンゴ、モモ、イチジク、サクランボなどにも取り組みが広がっている。もっとも、ジョイント仕立てが発表される前から樹と樹をつないでいる農家は各地にいたことも確認されている。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:ジョイント仕立て

同一ジャンルの用語 「果樹・特産