月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 果樹・特産

切り上げ・切り下げせん定(きりあげ・きりさげせんてい)

枝の切り方の二つのタイプ。立ち枝を残して切るのを「切り上げ」、立ち枝は切り、残す枝が横に寝るように切るのを「切り下げ」という。

せん定で難しいのは、外へ伸びる樹の勢いは維持しながら、内部へ成り位置を戻すこと。従来は後者の切り方が樹勢を落ち着かせ、よい成り枝を作るとされたが、見た目と違い、実際は果実の品質も上がらず、発育枝が立たないので隔年結果を招くことが多かった。逆に、立ち枝で切り上げたほうが樹勢も上がるし、花芽もよく着き、安定着果に結びつくことが多い。発育枝の着生から根量が増し、養水分の上がりがよくなるとともに、サイトカイニンなどの花芽着生のホルモンの流通が促されるためとされる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:切り上げ・切り下げせん定

同一ジャンルの用語 「果樹・特産