記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1996年3月号 272ページ〜277ページ(ページ数:6)

タイトル

ブドウの新・短梢栽培(1)

新発想、新方式の短梢栽培

小力、密植、早期成園化、10年更新のダイゴミ

執筆者・取材対象: 小川孝郎



見出し

●従来の短梢栽培とはちがう●樹体は10年で更新●樹冠面積50平方m以内の計画密植で●整枝よりは、むしろ主枝管理がポイント●新梢は棚下に垂らさず、100cm伸びたら一律に摘芯●4年で成園化させる●ライ麦草生をベースにした地力による作り●欧州系ブドウでも可