月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 機械・道具

循環扇(じゅんかんせん)

ハウス内の止まった空気をちょっと動かしてやるだけで、劇的な変化が起こる。今やハウス農家にとって必須の資材になりつつあるのがこの「循環扇」。記事によっては、換気扇や扇風機を循環扇として扱っている事例もある。効果はおもに次の六つ。(1)暑い時期に使うと作物の体感温度が下がり生育が順調になる、(2)暖房機とセットで使うと加温の効率が上がり暖房費の節約になる、(3)温度ムラがなくなり作物の生育が揃う、(4)灰色カビ病など多湿条件で出やすい病気の対策になり農薬の使用回数を減らせる、(5)風がそよぐことによって葉面境界層(葉の表面の風速のおそい層)が薄くなり、炭酸ガスをとり込みやすくなって光合成速度が高まる、(6)風の刺激でエチレンなどのホルモンがつくられ作物の耐病性が高まる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:循環扇

同一ジャンルの用語 「機械・道具