月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 機械・道具

トラクタ(とらくた)

田んぼでも畑でも大活躍。さまざまな作業機(アタッチメント)を取り付けて使う、農家にもっとも身近な農業機械。作業機としてはまず、エンジンの動力を伝えるPTOを通じて駆動させるものがいろいろある。耕耘や代かき作業に使うロータリ、ドライブハローはその代表。ブロードキャスタを取り付ければ肥料散布、マニュアスプレッダでは堆肥散布ができる。PTOにつないだ発電機を駆動させて電力供給することも可能だ。

トラクタの強力な牽引力を活かす作業機もある。畑の深耕に使うプラウや心土破砕に使うサブソイラなど。また、トラクタから油圧を取り出して利用する作業機として、堆肥の切り返しや土砂の運搬、牧草の収集に使うフロントローダーなどもある。油圧を利用して自作の薪割り機を使う農家もいる。

四輪のホイールトラクタが一般的だが、最近は、前輪がホイールで後輪がクローラのセミクローラタイプもよく見かけるようになった。フルクローラタイプもある。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:トラクタ

同一ジャンルの用語 「機械・道具