月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 機械・道具

穴あきホー(あなあきほー)

長い柄の先についた刃が輪になっている除草道具(ホー)。刃は薄く、平刃が一般的だが、ノコ刃のものもある。雑草の根際から土の表層を薄くスライスするように削るので、土を動かすことなく、力があまりいらない。土ごと掘り起こす中耕だと雑草がふたたび活着することがあるが、根と地上部を確実に分断する穴あきホーなら雑草が枯死しやすい。さらに毛細管を切断し土の表層が乾くので、その後、雑草が生えにくい効果もある。また、輪になっていることで、作物やマルチを傷つけることなく、ギリギリまで刃を寄せて除草できるのも大きな特徴だ。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:穴あきホー

同一ジャンルの用語 「機械・道具