月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 機械・道具

バックホー(ばっくほー)

ユンボ、パワーショベルなどの名称でも呼ばれる重機。クローラ(キャタピラ)で走行、アームの先端に付いたバケットを油圧で動かして、土を掘ったり運んだりする作業が自在にできる。バケットの形状には作業に応じていくつかのタイプがあるほか、ハサミ型のアタッチメント(グラップル)を取り付けて木材の運搬などもできる。

暗渠や水路の整備、耕作放棄地の復田、堆肥の切り返しや運搬、果樹や茶樹の改植など、バックホーが農作業で活躍する場面は多い。ゴボウなど根菜類の収穫に小型のバックホーを愛用する農家もいる。

運転資格は、「車両系建設機械運転技能講習」を受講することで取得できる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:バックホー

同一ジャンルの用語 「機械・道具