月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 機械・道具

高所作業車(こうしょさぎょうしゃ)

リンゴなどの高木の果樹の手入れや収穫に便利な機械。クローラ(キャタピラ)式の本体に支えられたゴンドラに乗って作業するタイプが一般的。ゴンドラは上下・左右に動き、三六〇度旋回するものもある。秋田県のリンゴ農家・佐々木厳一さんは、とにかく年間を通じてすべての作業能率が大幅に向上したという。収穫作業だけなら二倍、長期にわたる春の摘花摘果作業では、約七〇日の作業が五〇日に短縮された。

果樹では高齢化のなかで低樹高化の工夫が進んでいるが、樹形を変えずに栽培を続けるのに大いに役だつ。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:高所作業車

同一ジャンルの用語 「機械・道具