月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 機械・道具

竹パウダー製造機(たけぱうだーせいぞうき)

竹を繊維状に細かく粉砕し肥料などに利用するためには、以前は高価な植繊機や竹粉砕機が使われてきたが、手作りの竹パウダー製造機が考案されたことで、農家の竹利用は飛躍的に伸びた。要となる粉砕部は、刈り払い機などに使われるチップソーを十数枚以上重ね合わせて実現。このアイデアがすばらしい。動力はエンジンでもモーターでもよい。徳島県の竹治孝義さんが開発し、その後、同県の武田邦夫さんなどが、より安価に使いやすく改良。全国各地で手作りされるようになった。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:竹パウダー製造機

同一ジャンルの用語 「機械・道具