月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > 機械・道具

サブソイラ(さぶいそら)

水田の作土の下にあるすき床層(心土)や、大型トラクタの重みでできた畑の硬い層(硬盤)を破砕し、水みちをつけて排水をよくする機械。トラクタに装着し牽引する。効果を高めるために羽根を付けたものや、低馬力のトラクタで牽引可能なものなどいろんなタイプがある。

サブソイラに心土を持ち上げるプラウ的な効果を加えたプラソイラはよく知られている。また最近では、プラソイラのように心土を上げながら割るが、途中までしか上がらないハーフソイラや、サブソイラよりも作業幅が広く牽引抵抗が小さいパラソイラの人気も高まっているようだ。水田転作の安定化や、脱プラウ(省耕起)の実現に、サブソイラを愛用している農家は多い。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:サブソイラ

同一ジャンルの用語 「機械・道具