月刊 現代農業 > 「現代農業」用語集 > イナ作・水田活用_育苗

薄播き(うすまき)

種モミを粗く播くことを薄播きという。手植え苗を苗代育苗した時代の播種量は一m2当たり一〇〇g以下(育苗箱に換算すると約二〇g以下)であった。田植え機稲作になってからは育苗箱(三〇×六〇cm)当たり、稚苗(不完全葉を含まぬ葉齢二・二)で二〇〇g、中苗(葉齢三〜五)で一〇〇〜一八〇g、成苗(葉齢五〜六)で四〇〜六〇gが標準とされている。

厚播きするほど箱数も少なくてすみ欠株も少なくなるが、徒長し下位分けつが退化しやすい。また一株の植え込み本数が多くなるせいで本田でも密植となり、穂が小さくなって秋落ちイネになりやすい。そのため、最近では稚苗でも一五〇g以下の薄播きが一般的となってきた。条播きにすれば六〇g以下の薄播きも可能で、成苗まで育てることができる。また、プール育苗をすれば、薄播きでも根がらみがよくなり欠株も少なくなる。


関連記事(会員の方は閲覧できます)

ルーラル電子図書館を検索

電子図書館:薄播き

同一ジャンルの用語 「イナ作・水田活用_育苗