• 作品選択 
 植物の必須元素の一つ。従来は酸性改良など土壌改良資材としての施用が中心だった石灰だが、いっぽうでカルシウムは細胞壁などの組織つくりの必須成分で、新根や生長点の組織を充実させるのに欠かせない養分でもある。早い話、カルシウムは細胞を締める成分、細胞がしっかりすれば病害抵抗力も高まる。 石灰追肥・石灰防除で積極的にカルシウムを吸収させ……(つづきを読む)

検索結果:2415件のデータが見つかりました。(26件のビデオが含まれます)

  • 1

    石灰質肥料

    • 技術大系
    • サブタイトル:肥料の特性と利用>塩基性肥料>石灰質肥料
    • 執筆者:鎌田春海
    • 執筆者所属:神奈川県農業総合研究所
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):10専門館:農業総合
  • 2

    カルシウム施肥によるジャガイモの生育と品質の向上

    • 技術大系
    • サブタイトル:作物の栄養と生育>V ストレス耐性,品質と作物栄養>作物の品質と栄養生理>土壌条件と品質
    • 執筆者:谷昌幸
    • 執筆者所属:帯広畜産大学
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):18専門館:農業総合
  • 3

    いろいろな石灰資材 pH実験

    • 現代農業:2007年06月号 76ページ~79ページ
    • 上位タイトル:安くてよく効く 石灰防除
    • 執筆者:編集部 
    •   
  • 4

    みんなが使ってる石灰ってどんなの?

    • 現代農業:2008年06月号 88ページ~89ページ
    • 上位タイトル:石灰の選び方・混ぜ方・かけ方 100人の工夫より
    • 執筆者:編集部 
    •   
  • 5

    まさかぁー? 石灰不足だぁー?

    • 現代農業:1994年10月号 38ページ~45ページ
    • 特集タイトル:石灰が効くと何かがおきる
    • 執筆者:佐藤輝彦 ゼオライト技研(株)
    •   
  • 6

    味に効く 病気に効く 豚糞石灰「グリーンパワー」

    • 現代農業:2009年10月号 169ページ~179ページ
    • 上位タイトル:味・品質・病気に効く石灰
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:岩手県住田町  
  • 7

    交換性カルシウム(診断の基本)

    • 技術大系
    • サブタイトル:土壌診断・生育診断>診断の基本>調査・分析項目の意味と診断
    • 執筆者:亀和田國彦
    • 執筆者所属:栃木県農業大学校
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):5専門館:農業総合
  • 8

    効かせるポイントは畑に応じた種類の選択

    • 現代農業:1994年10月号 46ページ~51ページ
    • 特集タイトル:石灰が効くと何かがおきる
    • 執筆者:水口文夫 愛知県豊橋市
    •   
  • 9

    カリ過剰のハウスに、カリの積極施肥が効く

    • 現代農業:2005年10月号 196ページ~205ページ
    • 上位タイトル:「カリ過剰問題」は今、どうなっているか
    • 執筆者:武田健 (株)AML農業経営研究所
    •   
  • 10

    カルシウム吸収の向上技術(ナバナを例に)

    • 技術大系
    • サブタイトル:土壌の働きと根圏環境>III 根圏における養分の動態>根圏での養分移動と吸収
    • 執筆者:小田原孝治
    • 執筆者所属:福岡県農業総合試験場
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):6専門館:農業総合
  • 11

    カルシウム物語

    • 現代農業:1994年10月号 21ページ~35ページ
    • 執筆者:清重伸之(イラスト) 
    • 地域:埼玉県/鹿児島県//北海道/青森県/兵庫県/愛知県/三重県/茨城県/山形県  
  • 12

    カルシウム(元素の吸収と生理作用)

    • 技術大系
    • サブタイトル:作物の栄養と生育>III 養分吸収と元素の生理作用>元素の吸収と生理作用
    • 執筆者:河崎利夫
    • 執筆者所属:岡山大学農業生物研究所
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):7専門館:農業総合
  • 13

    土は石灰過剰、しかし、作物は石灰不足

    • 現代農業:1995年04月号 252ページ~257ページ
    • 上位タイトル:技術・研究
    • 連載タイトル:今のままではいけない石灰施肥(1)
    • 執筆者:佐藤輝彦 ゼオライト技研(株)
    •   
  • 14

    教えて藤原先生 pHと石灰のこと(後半)

    • 現代農業:2023年3月号 66ページ~73ページ
    • 特集タイトル:今さら聞けないpHと石灰の話
    • 上位タイトル:Q&Aでわかる はじめての土壌診断 なにをどう見たらいい?
    • 執筆者:藤原俊六郎/高橋広樹 /(株)みずほアグリサポート
    •   
  • 15

    石灰の話

    • 現代農業:2022年11月号 165ページ~170ページ
    • 上位タイトル:今さら聞けない安い単肥の話
    • 執筆者:藤原俊六郎/吉田吉明 
    •   
  • 16

    石灰(養分の動態)

    • 技術大系
    • サブタイトル:土壌の働きと根圏環境>V 土壌における養分の動態>各種養分の動態
    • 執筆者:山崎慎一
    • 執筆者所属:農業環境技術研究所
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):4専門館:農業総合
  • 17

    土にたまった貯金(養分)をうまーく引き出し無病・高品質野菜つくり

    • 現代農業:1989年10月号 35ページ~49ページ
    • 執筆者:編集部 農文協
    • 地域:愛知県/千葉県/山形県/愛知県/北海道  
  • 18

    単肥活用の着眼点-イネ,施設ストック,野菜

    • 技術大系
    • サブタイトル:肥料の特性と利用>一般化学肥料>単肥活用の着眼点-イネ,施設ストック,野菜
    • 執筆者:青木恒男
    • 執筆者所属:三重県実際家
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):15専門館:農業総合
  • 19

    石灰欠乏を防ぐヒントは?

    • 現代農業:1989年10月号 236ページ~240ページ
    • 上位タイトル:施肥と土つくり最前線-現場から、試験研究から
    • 連載タイトル:昭和20年代農法再発見の旅 捨てた技術に宝があった(4)
    • 執筆者:水口文夫 愛知県豊橋市
    •   
  • 20

    石灰が効いてないから病害虫に弱くなる

    • 現代農業:1993年06月号 212ページ~217ページ
    • 執筆者:佐藤輝彦 ゼオライト技研株式会社
    •   
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10