• 作品選択 
 植物の必須元素の一つ。従来は酸性改良など土壌改良資材としての施用が中心だった石灰だが、いっぽうでカルシウムは細胞壁などの組織つくりの必須成分で、新根や生長点の組織を充実させるのに欠かせない養分でもある。早い話、カルシウムは細胞を締める成分、細胞がしっかりすれば病害抵抗力も高まる。 石灰追肥・石灰防除で積極的にカルシウムを吸収させ……(つづきを読む)

検索結果:2418件のデータが見つかりました。(27件のビデオが含まれます)

  • 21

    暖地ラベンダー苗の病害虫をゼロにした石灰

    • 現代農業:2008年06月号 68ページ~73ページ
    • 上位タイトル:石灰の選び方・混ぜ方・かけ方 100人の工夫より
    • 執筆者:岩部弘幸 
    • 地域:岡山県岡山市  
  • 22

    苦土石灰のポイントがけで、キュウリの灰色カビ・エキ病を防ぐ

    • 現代農業:2008年06月号 76ページ~81ページ
    • 上位タイトル:石灰の選び方・混ぜ方・かけ方 100人の工夫より
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:熊本県南小国町  
  • 23

    バイパス油脂(脂肪酸カルシウム)給与による発育促進

    • 技術大系
    • サブタイトル:肉牛>基本技術編>肥育牛>III 肥育牛の飼料と使い方
    • 執筆者:寺田隆慶
    • 執筆者所属:草地試験場
    •   
    • 作目:畜産編ページ数(ポイント数):8専門館:農業総合
  • 24

    苦土石灰のふりかけでイチゴの炭そ病ゼロ

    • 現代農業:2010年6月号 168ページ~171ページ
    • 上位タイトル:続々、石灰で防除革命
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:千葉県旭市  
  • 25

    日本のジャガイモは石灰追肥で劇的に変わるはず

    • 現代農業:2013年10月号 70ページ~75ページ
    • 特集タイトル:頑丈肥料 ケイ酸 vs カルシウム
    • 上位タイトル:暑さ寒さ、病気に強くする
    • 執筆者:山道弘敬 有限会社TOMTEN(トムテン)
    • 地域:北海道札幌市  
  • 26

    カルシウム吸収こそ作物健全生育のカナメ

    • 現代農業:1993年10月号 90ページ~95ページ
    • 特集タイトル:石灰が効いていない! 石灰を本当に効かせるにはこうする
    • 執筆者:嶋田永生 全農農業技術センター
    •   
  • 27

    主役は消石灰の追肥だった

    • 現代農業:1993年10月号 56ページ~61ページ
    • 特集タイトル:石灰が効いていない! 石灰を本当に効かせるにはこうする
    • 執筆者:佐藤輝彦 ゼオライト技研(株)
    • 地域:青森県天間林村  
  • 28

    「石灰防除」改め「石灰栽培」だ! 夢のラベンダー栽培が見えてきた

    • 現代農業:2011年6月号 149ページ~153ページ
    • 上位タイトル:石灰防除革命、躍進中
    • 執筆者:岩部弘幸 
    • 地域:岡山県岡山市  
  • 29

    石灰追肥の効果と方法(野菜)

    • 技術大系
    • サブタイトル:作物別施肥技術>野菜の施肥技術>野菜の肥料特性と施肥
    • 執筆者:水口文夫
    • 執筆者所属:実際家・元愛知県農業改良普及員
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):3専門館:農業総合
  • 30

    高pH・高石灰のもとでの石灰欠乏 なぜ? 対策は?

    • 現代農業:1989年10月号 246ページ~251ページ
    • 上位タイトル:施肥と土つくり最前線-現場から、試験研究から
    • 執筆者:武井昭夫 愛知農総試園芸研究所
    •   
  • 31

    消石灰を用いた家畜糞堆肥化技術

    • 技術大系
    • サブタイトル:資材の特性と利用>堆肥化資材>各種の堆肥づくり
    • 執筆者:高橋正宏
    • 執筆者所属:石川県農林水産部農業政策課
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):8専門館:農業総合
  • 32

    石灰質肥料

    • 現代農業:1989年10月号 114ページ~116ページ
    • 上位タイトル:化学肥料の基礎知識/化学肥料で無病・高品質の施肥改善
    • 執筆者:編集部 農文協
    •   
  • 33

    石灰は追肥で効かせよ!

    • 現代農業:1993年10月号 62ページ~68ページ
    • 特集タイトル:石灰が効いていない! 石灰を本当に効かせるにはこうする
    • 執筆者:恒屋棟介 日本巨峰会、理農協会
    •   
  • 34

    微生物が当たり前に働けば石灰は効く

    • 現代農業:1993年10月号 80ページ~85ページ
    • 特集タイトル:石灰が効いていない! 石灰を本当に効かせるにはこうする
    • 執筆者:佐藤科雄 コフナ生産本部、東富士農産(株)
    •   
  • 35

    カルシウム肥料、マグネシウム肥料

    • 現代農業:2009年11月号 188ページ~191ページ
    • 連載タイトル:常識を疑えば単肥はもっと使える(5)
    • 執筆者:青木恒男 
    • 地域:三重県松阪市  
  • 36

    石灰欠乏症との戦い

    • 現代農業:1997年09月号 238ページ~242ページ
    • 連載タイトル:食べる人の顔を思い描いたときのキャベツつくり(3)
    • 執筆者:大徳尚 
    • 地域:石川県内灘町  
  • 37

    ネギで、ナスで病害抑制効果あり!農協が取り組む石灰防除

    • 現代農業:2010年6月号 155ページ~161ページ
    • 上位タイトル:石灰で防除革命、進行中
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:愛媛県松山市  
  • 38

    夏場の野菜によく効く3つの葉面散布

    • 現代農業:2017年8月号 96ページ~99ページ
    • 特集タイトル:夏の石灰欠乏に挑む
    • 上位タイトル:葉面散布で挑む てっとり早く茎葉から
    • 執筆者:青木恒男 
    • 地域:三重県松阪市  
  • 39

    珪カル施用が招くイネの軟弱化

    • 現代農業:1986年10月号 120ページ~126ページ
    • 連載タイトル:イネ 弱体化の背景を切る(8)
    • 執筆者:津野幸人 鳥取大学農学部
    •   
  • 40

    細胞膜の機能とカルシウムの役割

    • 現代農業:1990年10月号 256ページ~261ページ
    • 上位タイトル:研究最前線
    • 執筆者:河崎利夫 岡山大学資源生物科学研究所
    •   
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10