• 作品選択 

検索結果:2877件のデータが見つかりました。(17件のビデオが含まれます)

  • 481

    ニンジンとワカメの漬け物

    • 現代農業:1991年11月号 20ページ~21ページ
    • 連載タイトル:漬け物お国めぐり(140)
    • 執筆者:岩手県一関農業改良普及所/竹田京一(カット) 岩手県一関農業改良普及所/
    • 地域:岩手県山田町  
  • 482

    ニンジンから健康ワイン

    • 現代農業:1993年03月号 26ページ~27ページ
    • 連載タイトル:変身農産加工最前線(29)
    • 執筆者:高橋しんじ(絵と文) 
    • 地域:山梨県勝沼町  
  • 483

    ニンジン 小泉冬越5寸 冬の間にビタミンEが3倍になる

    • 現代農業:1996年02月号 98ページ~98ページ
    • 特集タイトル:この品種でお客さんを呼ぼう アピールしよう
    • 執筆者:小沢聖 東北農試
    •   
  • 484

    ニンジンの細かい葉のひみつ

    • 現代農業:2000年08月号 36ページ~37ページ
    • 連載タイトル:野菜を観る、育てる(5)
    • 執筆者:徳野雅仁(イラスト) 
    •   
  • 485

    これはラク!すじ付け器と鎮圧ローラー

    • 現代農業:2004年04月号 288ページ~288ページ
    • 執筆者:大坪夕希栄 
    • 地域:岐阜県萩原町  
  • 486

    いま、田畑には灰が不足している

    • 現代農業:2006年01月号 102ページ~106ページ
    • 特集タイトル:灰―究極のミネラル
    • 上位タイトル:自然農薬に肥料に灰をつかう
    • 執筆者:薄上秀男 薄上発酵研究所
    •   
  • 487

    ニンジン 割れには石灰が効く

    • 現代農業:2008年07月号 165ページ~165ページ
    • 上位タイトル:国産野菜 追い風を生かせ!
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:千葉県香取市  
  • 488

    桐島さんのタネ採り畑を拝見

    • 現代農業:2010年2月号 302ページ~305ページ
    • 上位タイトル:自家採種ですごい品種
    • 執筆者:桐島正一 
    • 地域:高知県  
  • 489

    ニンジンは太陽熱処理後の畑と相性よし

    • 現代農業:2010年3月号 109ページ~109ページ
    • 特集タイトル:発芽名人になる!
    • 上位タイトル:覆土・マルチ・床土で名人になる 床土編
    • 執筆者:編集部 
    •   
  • 490

    ニンジンのウネ間除草に 水田用除草機

    • 現代農業:2012年7月号 124ページ~124ページ
    • 特集タイトル:ラクラク度急上昇 草刈り・草取り
    • 上位タイトル:草刈り・草取り お気に入り道具 市販品編
    • 執筆者:石山耕太 
    • 地域:北海道中富良野町  
  • 491

    ニンジンの調製作業のアイデア、ありませんか?

    • 現代農業:2015年2月号 381ページ~381ページ
    • 執筆者:西野輝夫 
    • 地域:茨城県水戸市  
  • 492

    ニンジン 管理機で踏みつけズラリ発芽

    • 現代農業:2015年8月号 148ページ~149ページ
    • 上位タイトル:夏播きを成功させる!
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:茨城県石岡市  
  • 493

    ニンジン味噌ポタージュ

    • 現代農業:2018年2月号 334ページ~335ページ
    • 連載タイトル:素材がグッと主張する 農家の食べごろ野菜レシピ(2)
    • 執筆者:岡田涼子 
    • 地域:静岡県富士宮市  
  • 494

    ニンジンの播き時を逃さない

    • 現代農業:2018年3月号 103ページ~103ページ
    • 特集タイトル:耕耘新時代 ロータリ&スピード作業機
    • 上位タイトル:スピード作業機で耕耘新時代
    • 執筆者:河野公明 
    • 地域:大分県竹田市  
  • 495

    ニンジンの登録品種は一つもなかった!

    • 現代農業:2018年6月号 323ページ~323ページ
    • 執筆者:編集部 
    •   
  • 496

    収穫・調製作業がはかどる品種(トビラ)

    • 現代農業:2019年2月号 204ページ~204ページ
    • 上位タイトル:収穫・調製作業がはかどる品種
    •  
    •   
  • 497

    ニンジンは株間3cmで割れが減る

    • 現代農業:2019年7月号 271ページ~271ページ
    •  
    • 地域:宮城県村田町  
  • 498

    新米有機農家が、給食に野菜を出すメリットとデメリット

    • 現代農業:2020年5月号 306ページ~309ページ
    • 上位タイトル:有機農産物を給食に!
    • 執筆者:松田洋幸 
    • 地域:愛知県名古屋市  
  • 499

    ニンジン βカロテン豊富な3種、つくってます

    • 現代農業:2021年2月号 54ページ~55ページ
    • 特集タイトル:ウィズコロナ時代 この品種でねらっていく
    • 上位タイトル:健康需要をねらっていく
    • 執筆者:伊藤洋文 
    • 地域:神奈川県厚木市  
  • 500

    根菜・葉菜の秀品率を上げるじかがけ除覆のタイミング

    • ビデオクリップ
    • 作品名:ビデオ べたがけと溝底播種
    • 巻タイトル:ビデオ べたがけと溝底播種2011年2月
    • 再生時間:3:57
    • ポイント数:5
  • 501

    ニンジン

    • 現代農業:2024年3月号 227ページ~227ページ
    • 連載タイトル:見たことあるかな?(3)
    • 執筆者:編集部 
    •   
  • 502

    さば缶の炊きこみご飯(奈良県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:炊きこみご飯・おにぎり 29ページ

     山添村は、県の北東部、三重県境に位置し、奈良盆地と伊賀盆地にはさまれた大和高原にあります。海からも川からも遠く鮮魚の流通が難しかった頃、家庭ではさば缶が常備されており、これを米と一緒に炊きこんだのがこのご飯で、季節を問わずつくられてきました。旨みのあるさばと煮汁がしみこんだご飯は、汁物さえあれば……

  • 503

    山菜おこわ(福島県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:どんぶり・雑炊・おこわ 108ページ

     会津地方は県西部に位置し、山々に囲まれています。山では数多くの山菜やきのこがよく育ち、昔から大切な食材でした。わらび、ぜんまい、こごみ、ふきなどがよく利用されます。塩漬けや乾燥などして長期保存できるので、季節を問わず卵とじにしたり、じゅうねん(えごま)味噌で和えたり、くるみ和え、炒め物などさまざ……

  • 504

    南関あげ巻きずし(熊本県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:すし ちらしずし・巻きずし・押しずしなど 37ページ

     かたくて大きな南関あげをのりの代わりに使った巻きずしは、昔から県北部の南関町で正月や祭り、祝いごとになるとつくられてきたごちそうです。 南関あげの由来は諸説ありますが、1637年から38年にかけて起こった島原の乱の後、四国の伊予松山地方から島原半島へと移住させられた人々が、通り道となった南関でそ……

  • 505

    根曲がり竹の炒め煮(青森県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:野菜のおかず 春から夏 6ページ

     5月下旬、岩木山の雪が消え、ウツギの花が咲き始める頃になると、津軽の人たちは山へ根曲がり竹をとりに行きます。根曲がり竹は孟宗竹《もうそうちく》と比べて細く、アクが少なくやわらかいのが特徴で、青森ではたけのこというと根曲がり竹を指します。たくさんとれた根曲がり竹は家族総出で皮をむいてから、加工場で……

  • 506

    つぼ煮(富山県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:野菜のおかず 春から夏 38ページ

     富山市街から南東へ約30㎞、霊峰立山の麓に位置する芦峅寺《あしくらじ》は立山に入山する際の最後の村落で、道筋に並んだ宿坊が信者を出迎えました。その宿坊で出された精進料理が「つぼ煮」で、つぼ椀という蓋つきの朱塗りのお椀に盛ったことからそう呼ばれています。この宿坊料理が一般家庭にも広まり、かつては葬……

  • 507

    かんぴょうの煮しめ(山口県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:野菜のおかず 秋から冬 31ページ

     料理名の「かんぴょう」は干し大根のことです。この煮しめはかんぴょうと根菜類と油揚げやちくわを煮たおかずで、干し大根のかんぴょうは厚みがあって歯ごたえがよく、甘さもあり煮しめの味に深みを与えています。かんぴょうだけで煮しめることもあります。 ユウガオからつくるかんぴょうも巻きずしや昆布巻きに使いま……

  • 508

    あいまぜ(大分県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:野菜のおかず 秋から冬 35ページ

     切り干し大根やこんにゃく、干し椎茸、干しぜんまいやにんじんなどのたっぷりの具材を使った久住地方の白和えで、昔から冠婚葬祭のおもてなし料理として正式なお膳には欠かさず出されてきました。大人数の来客用に一度につくるため、大きなすり鉢で2人から3人がかりで「そらやれ」「ホイホイ」「それそれそれ」とかけ……

  • 509

    はすの三杯酢(山口県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:野菜のおかず 秋から冬 45ページ

     はす(れんこん)のしゃきしゃきとした食感に、昆布とちりめんじゃこのうま味がきいた三杯酢がからんでさわやかなおいしさです。はすのおいしい季節にはよくつくりました。酢、砂糖を使い日持ちがするので、たくさんつくって、おいておけるのも忙しい主婦にはありがたい料理です。 瀬戸内海に浮かぶ周防大島《すおうお……

  • 510

    白菜の白和え(山口県)

    • 日本の家庭料理
    • 日本の家庭料理:野菜のおかず 秋から冬 60ページ

     県西北部で日本海に面する長門市周辺では、畑で白菜をつくっていた家庭が多く、白和えといえば白菜を使うのが一般的で、精進料理の他に日常のおかずとしてもよく食べていました。県北部の阿東町(現山口市)あたりでも見られますが、地域性があるようです。こんにゃく、椎茸、しそ、ねぎなどを入れるという人もいますが……

  1. 13
  2. 14
  3. 15
  4. 16
  5. 17
  6. 18
  7. 19
  8. 20
  9. 21
  10. 22