• 作品選択 
 土壌有機物と同じ意味で用いられることもあるが、とくに土壌中で動植物遺体が土壌生物によって分解・再合成された暗色無定形(コロイド状)の高分子化合物(腐植物質)をさすことが多い。  腐植は機能的な面からは、栄養腐植(土壌微生物に分解されやすく養分供給源となる)と、耐久腐植(土壌微生物に分解されにくく土壌の物理性を良好に保つとともに陽……(つづきを読む)

検索結果:372件のデータが見つかりました。(4件のビデオが含まれます)

  • 1

    腐植(診断の基本)

    • 技術大系
    • サブタイトル:土壌診断・生育診断>診断の基本>調査・分析項目の意味と診断
    • 執筆者:青山正和
    • 執筆者所属:弘前大学
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):6専門館:農業総合
  • 2

    腐植酸ってなに?

    • 現代農業:2014年10月号 172ページ~177ページ
    • 上位タイトル:腐植酸が効く
    • 執筆者:谷昌幸 帯広畜産大学地域環境学研究部門
    •   
  • 3

    土壌腐植物質の生成過程とその評価法

    • 技術大系
    • サブタイトル:土壌の働きと根圏環境>V 土壌における養分の動態>土壌における有機物の動態と働き
    • 執筆者:米林甲陽
    • 執筆者所属:京都府立大学
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):6専門館:農業総合
  • 4

    腐植の消耗と蓄積(畑地土壌の性質と変容)

    • 技術大系
    • サブタイトル:土壌の性質と活用>III 土壌の性質とその変容>畑地
    • 執筆者:藤原俊六郎
    • 執筆者所属:神奈川県園芸試験場
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):4専門館:農業総合
  • 5

    腐植酸が効く(トビラ)

    • 現代農業:2014年10月号 160ページ~160ページ
    • 上位タイトル:腐植酸が効く
    •  
    •   
  • 6

    腐植物質の活用

    • 技術大系
    • サブタイトル:環境対策>技術編>各種ふん尿処理技術・システム>脱臭システム
    • 執筆者:早川岩夫
    • 執筆者所属:愛知県農業総合試験場
    •   
    • 作目:畜産編ページ数(ポイント数):7専門館:農業総合
  • 7

    腐植の消耗と蓄積(水田土壌の性質と変容)

    • 技術大系
    • サブタイトル:土壌の性質と活用>III 土壌の性質とその変容>水田
    • 執筆者:前田要
    • 執筆者所属:北海道中央農業試験場
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):4専門館:農業総合
  • 8

    化学性の改良(樹園地)

    • 技術大系
    • サブタイトル:樹園地の土壌管理>土壌改良の基本と応用
    • 執筆者:高橋幸雄
    • 執筆者所属:静岡県柑橘試験場
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):10専門館:農業総合
  • 9

    元素の吸収と作用 (5)腐植物質(フミン酸)

    • 技術大系
    • サブタイトル:イネ(基本編・基礎編)>基礎編>イネの生理作用>III 養分の吸収特性
    • 執筆者:長谷川功
    • 執筆者所属:日本重化学工業株式会社
    •   
    • 作目:作物編ページ数(ポイント数):3専門館:農業総合
  • 10

    腐植りん(腐植酸りん肥)

    • 技術大系
    • サブタイトル:肥料の特性と利用>一般化学肥料>単肥・リン酸肥料
    • 執筆者:相馬暁(執筆)/吉田吉明(改訂)
    • 執筆者所属:北海道道南農業試験場/日本石灰窒素工業会技術顧問,元JA全農
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):2専門館:農業総合
  • 11

    ハーブを完全腐植でつくると…

    • 現代農業:2003年07月号 156ページ~161ページ
    • 連載タイトル:松っちゃんのカメラ訪問記(106)
    • 執筆者:赤松富仁 
    • 地域:茨城県取手市  
  • 12

    フミン酸でウリのネコブセンチュウが激減!?

    • 現代農業:2014年10月号 164ページ~166ページ
    • 上位タイトル:腐植酸が効く
    • 執筆者:渡辺惣一 
    • 地域:千葉県山武市  
  • 13

    陽イオン交換容量(CEC)(診断の基本)

    • 技術大系
    • サブタイトル:土壌診断・生育診断>診断の基本>調査・分析項目の意味と診断
    • 執筆者:山田裕
    • 執筆者所属:神奈川県農業総合研究所
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):3専門館:農業総合
  • 14

    キャベツ根こぶ病発病抑止型土壌の特性と活用

    • 技術大系
    • サブタイトル:畑の土壌管理>連作障害,土壌病害と土壌管理>土壌病害と土壌管理
    • 執筆者:木村武
    • 執筆者所属:農林水産省野菜・茶業試験場
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):4専門館:農業総合
  • 15

    自然薯さえ連作可能なミラクルソイル

    • 現代農業:1991年10月号 157ページ~163ページ
    • 上位タイトル:しなやかなパワーの堆肥、安心な緑肥
    • 執筆者:編集部 農文協
    • 地域:静岡県吉田町/静岡県静岡市/静岡県金谷町  
  • 16

    豚にも腐植酸 ニオイが消えた、堆肥も大人気

    • 現代農業:2014年10月号 168ページ~171ページ
    • 上位タイトル:腐植酸が効く
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:茨城県つくば市  
  • 17

    耕さなくてもコメはとれる!

    • 現代農業:1991年03月号 58ページ~69ページ
    • 特集タイトル:耕さなくてもコメはとれる、注目の不耕起栽培に迫る
    • 上位タイトル:不耕起栽培の魅力に迫る
    • 執筆者:編集部 農文協
    •   
  • 18

    土がよければ品種選びもしなくていいのだ

    • 現代農業:1995年02月号 186ページ~190ページ
    • 上位タイトル:周年出荷のしくみどころ
    • 連載タイトル:松っちゃんのカメラ訪問記(29)
    • 執筆者:赤松富仁 
    • 地域:東京都田無市  
  • 19

    「茶園のウネ間」を掘ってみた

    • 現代農業:2005年01月号 224ページ~229ページ
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:静岡県掛川市  
  • 20

    根が傷むのは土の発酵力が弱いから

    • 現代農業:2007年01月号 100ページ~105ページ
    • 特集タイトル:耕盤探検隊がゆく! 第2弾
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:京都府和束町  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10