• 作品選択 
 土壌有機物と同じ意味で用いられることもあるが、とくに土壌中で動植物遺体が土壌生物によって分解・再合成された暗色無定形(コロイド状)の高分子化合物(腐植物質)をさすことが多い。  腐植は機能的な面からは、栄養腐植(土壌微生物に分解されやすく養分供給源となる)と、耐久腐植(土壌微生物に分解されにくく土壌の物理性を良好に保つとともに陽……(つづきを読む)

検索結果:376件のデータが見つかりました。(8件のビデオが含まれます)

  • 181

    堆肥がなければ有機補給作物をつくろう

    • 現代農業:1996年05月号 178ページ~183ページ
    • 連載タイトル:有機一発「への字」でまる・ピカ・しこ米づくり(2)
    • 執筆者:井原豊 
    • 地域:兵庫県太子町  
  • 182

    片付けいらずの紙マルチで夏ダイコンがバッチリ

    • 現代農業:1996年08月号 249ページ~251ページ
    • 上位タイトル:夏を涼しく!
    • 執筆者:熊倉裕史 中国農業試験場
    •   
  • 183

    チッソは土改剤、石灰は肥料としてたっぷり効かす

    • 現代農業:1996年10月号 86ページ~90ページ
    • 上位タイトル:なんでこんなに超多収 どうしてこんなに生育が揃う?
    • 執筆者:編集部 農文協
    • 地域:長野県小布施町  
  • 184

    チッソが、カルシウムが効いて実った重い米

    • 現代農業:1996年12月号 192ページ~197ページ
    • 上位タイトル:今年、遅い追肥をいかに生かして、厚みのある米を穫ったか
    • 連載タイトル:チッソを思いっきりやったら土が変わった、イネが変わった(2)
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:富山県上市町  
  • 185

    お酢屋さんが紙マルチ田植え機を買った

    • 現代農業:1996年12月号 200ページ~204ページ
    • 執筆者:飯尾毅 (株)飯尾醸造
    • 地域:京都府宮津市  
  • 186

    木酢液の切れ味をもっと楽しもう

    • 現代農業:1997年06月号 312ページ~316ページ
    • 上位タイトル:見せます わかります! 木酢選び、活用の実際
    • 執筆者:三枝敏郎 
    •   
  • 187

    モミガラ・鶏ふん…困りもの有機物を大量に施してキュウリ連作38年

    • 現代農業:1997年10月号 176ページ~183ページ
    • 上位タイトル:だんだんシンプルにラクになってきた! 私のこだわり肥料 こだわり施肥法
    • 執筆者:松沼憲治 
    • 地域:茨城県総和町  
  • 188

    土はやせない、手間をかけない、カネもかけない

    • 現代農業:1998年07月号 63ページ~75ページ
    • 特集タイトル:夏、畑をあけるとき、土をよくするチャンス
    • 執筆者:水口文夫 
    • 地域:愛知県豊橋市  
  • 189

    豚のふん尿を液肥化して畑に還元、「牧場の野菜」として有利販売

    • 現代農業:1999年10月号 108ページ~113ページ
    • 上位タイトル:家畜ふん尿でつくった上質堆肥、有機液肥で地域を元気にする
    • 執筆者:工藤育 
    • 地域:茨城県猿島町  
  • 190

    チッソは緩効性肥料がよさそうだ

    • 現代農業:2000年05月号 188ページ~191ページ
    • 連載タイトル:今年はダイズを増収しよう!(2)
    • 執筆者:有原丈二 農業研究センター
    •   
  • 191

    やせた畑を有機野菜産地に変えた

    • 現代農業:2000年05月号 304ページ~309ページ
    • 連載タイトル:家畜ふん尿を地域の宝に(3)
    • 執筆者:西村いつき 兵庫県八鹿農業改良普及センター
    • 地域:兵庫県大屋町  
  • 192

    豚尿液肥が馬鈴薯・粉状そうか病を抑えた!

    • 現代農業:2000年06月号 306ページ~315ページ
    • 上位タイトル:家畜糞尿を防除に活かす
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:北海道真狩村  
  • 193

    地上部は黄色くても、細根がびっしりの苗

    • 現代農業:2001年09月号 218ページ~223ページ
    • 連載タイトル:めざせ高収量・高糖度・低硝酸のピーマンづくり!(1)
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:茨城県波崎町  
  • 194

    ファイン 腐植から培養抽出した植物活性液

    • 現代農業:2002年01月号 150ページ~151ページ
    • 上位タイトル:硝酸の少ない野菜をつくろう
    • 執筆者:ダイワ産業(株) 
    •   
  • 195

    有機栽培圃場の9割が苦土欠乏?

    • 現代農業:2002年03月号 134ページ~143ページ
    • 連載タイトル:農家に役立つ土壌診断シリーズ(2)
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:三重県名張市  
  • 196

    「苦土の積極施肥」を中心とした施肥で、コクのある濃いお茶

    • 現代農業:2002年09月号 212ページ~217ページ
    • 連載タイトル:農家に役立つ土壌診断シリーズ(6)
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:熊本県  
  • 197

    微生物とトロトロ層が冷害に負けないイネを育ててくれた

    • 現代農業:2003年12月号 110ページ~115ページ
    • 上位タイトル:今年、イモチ・不稔に強かったのはどんなイネか
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:北海道新篠津村  
  • 198

    今の土壌分析は間違っている!

    • 現代農業:2004年05月号 176ページ~179ページ
    • 執筆者:小祝政明 (株)ジャパンバイオファーム
    • 地域:長野県伊那市  
  • 199

    炭素率を整えた堆肥のマルチで、過湿型病害も、乾燥型病害も減る

    • 現代農業:2004年06月号 84ページ~90ページ
    • 特集タイトル:有機物マルチで農薬が減る
    • 執筆者:山浦信次 
    • 地域:和歌山県吉備町/和歌山県印南町  
  • 200

    「糖度」が発芽前12度なら1芯4葉・8度で摘める

    • 現代農業:2004年07月号 226ページ~230ページ
    • 執筆者:山浦信次 
    • 地域:香川県高瀬町  
  1. 6
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11
  7. 12
  8. 13
  9. 14
  10. 15