記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1994年10月号 21ページ〜35ページ(ページ数:15)

タイトル

カルシウム物語

足りない、吸われていない、どう効かせる?

執筆者・取材対象: 清重伸之(イラスト)石関優池田健一郎山崎浩道岩崎幸治K山本明水口文夫大西誠石塚達之輔S

地 域: 埼玉県鹿児島県北海道青森県兵庫県愛知県三重県茨城県山形県



見出し

●石灰を施肥してみたら大ちがい 今じゃ何にでも石灰をふりたい●石灰追肥で芽つぶれ激減、収量もアップ! ●作物も人もカルシウム不足 カルシウムが足りないと◎トマトの青枯れ病もカルシウム不足が原因●石灰はなぜ効かない?●昔はこうして石灰が効いていた◎その1 下肥◎その2 堆肥◎その3 江戸時代の人たちは●元肥で効かせる◎水溶性石灰をゼオライトといっしょに◎モミガラといっしょに土中施用●追肥で効かせる◎畑のpHに合わせて水溶性石灰を選ぶ●何でやるか◎炭カルを有機酸カルシウムにしてやる●いつやるか◎作物の最後の仕上げに石灰◎石灰追肥は晴れの日の日の出と同時に