記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年7月号 286ページ〜290ページ(ページ数:5)

タイトル

国産キハダに需要あり

和漢薬原料にも木材にも 放置キハダが1本4万円の稼ぎに

執筆者・取材対象: 山口真保呂

地 域: 長野県小谷村



サンプル画像


見出し

●内皮にベルべリン●国産オウバクには粘りがある●全戸調査で村内生産量を予測●適期は6月下旬〜8月●林地残材も葉も生かしたい●人力で収穫ができる●薬の需要はなくならない●組合員で共有できたキハダの特徴